産総研の研究職第2回公募について(10/12〆切)

今回から、パーマネント型研究員としての採用枠が大幅に拡充されています。
若手研究者の方も任期を気にすることなく、「よりチャレンジングな研究」や「中長期的な研究」に専念できる研究環境が整えられています。
詳細は下記を参照下さい。

【産総研研究職第2回公募選考採用(2023年4月1日採用向け)】

【応募締め切り】

2022年10月12日(水)12時(時間厳守)

【対象者】

研究グループの核となって研究成果の社会への展開(還元)を中長期的に実践していくことができる研究人材であること。

博士の学位を有する者、ポスドク経験者又はそれらに相当する研究能力・研究実績を有する者であること(2023年3月までに学位取得見込みの方にもご応募いただけます)。

そのほか、各公募課題にて、求める人材像を定めております。

研究職員採用情報のHPのトップページは以下となります。
https://www.aist.go.jp/aist_j/humanres/02kenkyu/index.html

公募課題(全28テーマ)は以下をご参照ください。
https://www.aist.go.jp/aist_j/humanres/02kenkyu/task.html