「ひょうご創生フェローシップ・シンポジウム2022」(2/16)の開催・参加者募集について

大学・大学院の学生の皆様

博士号を取得したら,何かいいことがあるのか?何に役立つのか?
そんなことを自問しながら,研究に励んでおられる、方々も多いかもしれません。

そこで、下記のように「ひょうご創生フェローシップ・シンポジウム2022」を案内します。
先ず、講師をお招きし、自らの体験に基づいたご講演をいただきます。
講演終了後には、令和3年度フェローシップ支援対象の博士後期課程2年生の学生5名による、研究発表を行います。

各自のキャリアパスを考える上で、参考になると思いますので、奮ってご参加ください。

【開催日時】

2023年2月16日(木)

【受講方法】

オンライン(Zoom)

【テーマ】

これからの博士人材とは

【講演】

14:00~15:10 (講演60分、質疑応答10分)
平岡 和彦 氏(山陽特殊製鋼(株) 研究・開発センター長(常務執行役員))

【研究発表】

15:20~17:00(発表15分、質疑応答5分)

・池田貴志(理学研究科 物質科学専攻 D2)

15:20~15:40

・三枝峻也(工学研究科 材料・放射光工学専攻 D2)

15:40~16:00

・島津佑輔(工学研究科 化学工学専攻 D2)

16:00~16:20

・古内理人(理学研究科 物質科学専攻 D2)

16:20~16:40

・ラシェドゥーラ・ラーマン(工学研究科 電子情報工学専攻 D2)

16:40~17:00

【申込方法】

下記のgoogle
formsから登録いただくと、後日、参加のためのZoomアドレスをお送りします。
https://forms.gle/ECsgd4fUtHsYo1DN6

【添付資料はこちら】